クラミジア 郵送検診キット 男性用
クラミジア 郵送検診キット 女性用
淋病 郵送検診キット 男性用
淋病 郵送検診キット 女性用
男性クラミジア+淋菌セルフチェック
女性クラミジア+淋菌セルフチェック

エイズ(AIDS)日本の現状

記事は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より転載しております。

後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん, Acquired Immunodeficiency Syndrome:AIDS は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こされる免疫不全症。

一般に英語の略称エイズ(AIDS)として知られている。

日本の現状
感染症法における「五類感染症」に分類されている。

欧米等の先進諸国では、徹底した感染予防キャンペーンや性教育などで、新規のHIV感染者は減少傾向にあるが、先進諸国で依然、感染が拡大傾向を示しているのは日本だけである。

現在、日本のHIV感染者は薬害エイズによる感染者も含めると、報告されているだけで1万人に達している。東京だけでも500人に1人の割合で感染している可能性があるとの報告もあり、検査を受けていない人数を考慮すると全国で数万人にまで達している可能性も指摘されている。

日本におけるのHIV感染者の増加は、日本国籍の男性が中心であるが、近年は日本国籍の女性も緩やかな増加傾向にある。日本国籍の男性の感染経路として最も多いのは、同性間の性的接触であり、次いで異性間の性的接触である。

日本国籍の女性の感染経路は、ほとんどが異性間の性的接触である。日本においての感染経路は、男性女性ともにそのほとんどが性的接触であり、麻薬の静脈注射による感染が非常に少ないのが特徴である。

感染経路として増加傾向にあるのが異性間の性的接触であり、次いで同性間の性的接触である。これまで日本のHIV感染の経路は、同性間の性的接触という狭いコミュニティの中で起こった現象であったが、それが通常の性的接触に広まりつつあり、異性間の性的接触による感染例が増加してきている物と考えられる。


報告されているだけでも、1万人以上、検査を受けていない人を考えたらものすごい感染数になります。
安全対策を怠った血液製剤によるHIV感染被害、いわゆる薬害エイズは本当に許せません。  爆怒



【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

HIV エイズウィルスとは

記事は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より転載しております。

ヒト免疫不全ウイルス(ヒトめんえきふぜんウイルス、英: Human Immunodeficiency Virus: HIV )は、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、後天的に免疫不全を発症させるウイルスである。

ウイルスの分類上は、エンベロープを持つプラス鎖の一本鎖RNAウイルスであるレトロウイルス科( Retrovividae )レンチウイルス(lentivirus)亜群に属する、HIV-1(Human Immunodeficiency Virus type1)とHIV-2(Human Immunodeficiency Virus type2)が存在する。

霊長類を自然宿主とするサル免疫不全ウィルス(Simian Immuno-deficiency Virus:SIV)が、突然変異によってヒトへの感染性を獲得したと考えられている。ウイルスの塩基配列を比較すると、HIV-1はチンパンジーから分離されたSIVcpzに近く、HIV-2はマカクやマガンベーなどのサルから分離されたウイルスSIVmacやSIVsmに近い。この様なことから、SIVに感染したサルからヒトへと感染し、HIVに進化した物と考えられている。

HIV-1は塩基配列により3群に分類されている。グループM (Major)、グループO(Outlier)、グループN(non-M/non-O)に分けられるが、世界的に分布しているウイルスの多くがグループMに属している。グループMはさらにA、B、C、D、E、F、G、H、J、Kの10のサブタイプに分類される。さらにこのサブタイプ間での組換え体が存在し、CRF(circulating recombinant form)が15種類確認されている。日本の感染者の主なサブタイプは、BとCRF01_AEであり、サブタイプBがおよそ75%、CRF01_AEが20%、残りがそのほかのサブタイプとなっている。



先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。なんともかなしい現実です。

クラミジアなどの性病いわゆる性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が3〜5倍高くなるといわれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。